こらむ

 

スターウォーズローグワンを見た批評

12月16日からスターウォーズローグワンが公開されましたね!
わたしもスターウォーズ好きなので楽しみにしており、
仕事あとにレイトショーで見てまいりました。
 
早速ですが感想です。
以下若干のネタバレがあるのでご注意下さい!
 
この映画はスターウォーズエピソード4にバトンをわたすまでの
話で、デススターを破壊するのに必要な設計図を
主人公にわたすために犠牲になる人達の話です。
 
まず前半はちょっと退屈でした。
メインの人物が登場していき、     
共に行動していくことになるのですが、
主人公のジン・アーソやほかキャラクターの心情や目的がちょっとあやふやというか伝えきれていない感じです。
 
それが前半映画に引き付ける魅力が不足してしまっている原因に
なってるかなと思いました。
ソウ・ゲレラの必要性もちょっと微妙な感じでした・・・。
 
とは言え、盲目チルアートの接近戦(カンフーアクション?)や、
K-250のコミカルなキャラ、魅力的なシーンはあります。
 
個人的には、エピソード4のあの時のあれが!
やあいつが!などの発見があってまあまあ良かったです。
 
そして後半!
話がデススターの設計図の奪取作戦からがとても面白い!
 
キャラの活躍と、役目を果たし命を終える、
そして他のキャラクターの任務が可能になり、
そのキャラが役目を果たし命を終える。
 
一番最後は、ダースベイダーから逃げながら文字通りバトンのように設計図を手渡しし、エピソード4のメインキャラクターに
わたったところで終わり。
 
私は鳥肌が立ちました!後半最高!
 
エピソード4が見たくなるよって話していたギャレス・エドワーズ監督のおもわく通りになりました(笑)
 
ピアノの先生は今日観に行くと話していたので、
来週あたりピアノ教室でも色々話題にあがりそうです。
 
スターウォーズローグワン!もう一度くらい観に行こうかなと思います♪