お子様でもご年配の方でも楽しいピアノレッスン

八塚先生のピアノレッスンを受ける生徒様の年齢は幅広く、
多くの八塚先生の経験からたくさんの技術を学べる楽しいピアノ教室となっております。

聖蹟桜ヶ丘の駅から徒歩5分の場所にあるご自宅のピアノ教室のピアノれっすんで、是非楽しい音楽を奏でておくつろぎ下さい♪

 

八塚レッスン2 

 

 

目標に向かう、うたちゃんの練習♪

ピアノを習い始めて2年の、小学2年生のうたちゃん(7歳)。

とてもやる気があり、ピアノで上手に生活のメリハリを作っています。
音感もひじょうに身に付いてきました。次の曲が楽しみで、いつも笑顔でレッスンに来てくれる頑張りやさんです。
3冊のピアノ教本と「やさしいソルフェージユ3」というドリルを使って、レッスンしています。
この日は発表会に向けて、うたちゃんが弾きたくて自分で選んだベートーヴェンの「トルコマーチ」と連弾の練習をしました。憧れの曲が弾けて、大満足なうたちゃんです♪
 

 

八塚レッスン4 

arrow072_02うたちゃんのお母さまのコメント

先生とは、ピアノの話はもちろん、プライベートな会話もして、
楽しい時間を過ごしています。
少しずつ色々な曲が弾けるようになってきて、毎回のレッスンを楽しみに教室に通っています。

 

 

ノアちゃん(5歳) のレッスン

 ピアノを習い始めて1年3ヶ月、幼稚園年長さんのノアちゃん(5歳) です。

ピアノが大好きで、楽しく練習をして、張り切ってレッスンに来てくれます。3冊のピアノ教本と「やさしいソルフェージユ1」を使ってレッスンしています。
この日は、それに加え発表会で弾く曲、グローバーの「くじゃく」というとてもファンタジーで素敵な曲と連弾の練習、そして“はじめの言葉”の練習もしました。
「くじゃく」では、初めてのたくさんのペダルを上手に踏むことができて、わくわく笑顔でピースのノアちゃんです♪

 

 

八塚レッスン3
arrow072_02ノアちゃんのお母さまのコメント
もちろん最初は何も分かりませんでしたが、教室に通ってから、
いつしか音符を読む事や、楽譜を読めるようになりました。
衣装を着て、発表会にも参加しました。今では、ピアノが楽しくて仕方ありません。

 

 斉藤光一様  (71歳) のレッスン♪

定年退職後、かねてよりチャレンジしたかったピアノを始める為、当教室を訪ねて下さいました。
全くの未経験でしたが、コツコツと楽しみながら続けて来られ、もう5年のキャリアをお持ちです。
練習曲の他に、シューマンやバッハの小品、映画音楽など好きな曲でお稽古しています。
この日はベートーヴェンのソナタ「月光」をレッスンしました。
当教室の他のシニアの方々と、ピアノを離れても親しくお付き合いしていらっしゃるそうです。
飲み会とか♪
輪が広がりますね。
 

 

yatsukar7 

 

ソルフェージュのお勉強 さらちゃん(7歳)のレッスン

ピアノを始めて2年のさらちゃん。とてもやる気があって、お稽古では練習曲2冊に加えて、今はディズニープリンセスの曲、全曲制覇にチャレンジしています。
後踏みペダルもとても上達して、美しく演奏できるようになりました。あと残り2曲、頑張って!
ドリルを使ってソルフェージュの勉強もしています。
とても理解力があり、学校では、音楽博士で人気者です。

当教室では、全員にソルフェージュの指導をしていますが、音大受験生には受験に対応した学典(音楽理論)、聴音の指導もしております。

 

yatsukar6 

 

本橋咲空ちゃん (お母様の感想) 小学1年生7才

幼稚園の年長組になった頃
「ピアノが弾けるようになりたい!」と娘から言われ、
八塚先生のピアノ体験レッスンに申込みをしました。

 
45分間の体験レッスンではとても丁寧に指導してくださり、娘もとても楽しそうにレッスンを受けておりました。

八塚先生のピアノ教室は、安心してレッスンに通わせる事が出来る場所だと思い入会を決めました。


娘が習い始めて1年と8ヶ月経ちますが

毎週のピアノレッスンをいつも楽しみにしています!

先生の「誉めて伸ばす」指導が娘にはとても合っており、

レッスン中は先生がとても誉めてくださり、
娘のやる気を引き出しながら指導してくださるので、いつも安心してお任せしています。


八塚先生のピアノ教室に通わせる事が出来とても良かったです。


 

宮元達雄様の感想  68歳

私が八塚先生を最初にお訪ねしたのは40数年勤めた会社を退職して3年ほどたっていました。
 

若い時から音楽が好きで鑑賞するだけでなく何時か自分でも楽器を演奏してみたいと思っていました。

最初の教材は「ハノンピアノ教本」と安川加寿子編「ピアノ小曲集」でした。

いずれも基礎を勉強するには最適な教材とのことで、先生のていねいで、進歩に合わせたご指導を受けています。

発表会ではショパンのワルツ9番を弾かせて頂き、いつか舞台で演奏したいとの夢が実現できました。

ピアノを習いたいと思った動機の一つに、認知症の母親を長年看護する内に、どうすれば自分自身が

そのようにならないかとの悩みがありました。

いずみ先生レポート3

ピアノを習って新しい曲を憶えたり、指先の訓練をしたり、会話をすることが

脳を活性化して認知症予防に効果があるとTV、雑誌等で紹介されていることを知りました。

本当に効果があるかどうか直ぐには分かりませんが長く続けて行きたいと思っています。

最後に、恩師である八塚先生は多くの生徒さんを指導しておられ、毎日お忙しいにもかかわらず

年に1,2度老人介護施設を訪問して生徒を加えた演奏会活動をされておられます。

自分としても施設の訪問をさせて頂き、音楽の素晴らしさを一人でも多くの方に

伝えることができればと思っています。