こらむ

 

声優業界の飽和

ソードミュージックの歌の教室の方に声優志望の生徒様が数名いらっしゃいます。
ボイストレーニングを受けながら、発声、セリフの練習をしています。

 

私も一度練習に立ち会ったことがあるのですが、
そのうちの1人、声優学校に通いながらソードミュージックでボイストレーニングを受けている女の子がいました、
凄い実力!
色んなキャラを演じられる女の子でした。

 

その声優学校を卒業の際、録音審査があり、その審査を通過するとお仕事がいただけるのですが、
それを通過するために、学校以外でもソードミュージックで習っていたのですが、
残念ながら落ちてしまいました。

 

かなり実力あったのでいけるかもしれないと思っていたのですが、
まわりの人達も実力が高く、あとは今は声だけではなく、ルックスも良くて歌も歌え、
声優アイドルとして活躍できる人でないと厳しいみたいですね。

 

アニメ自体は昔より増えているようですが、
声優志望者の数がそれ以上に増えすぎて飽和状態のようです。

 

 

1つの椅子を5人で取り合っている感じでしょうか。
セリフの実力があるだけでは厳しいのが今の若手声優界の現状かもしれませんね。

 

歌を出したり振りつきでライブをしたりしてるのをみると、
アイドル業と化している印象です。

 

私の知人でも数名声優を目指している人がいますが、
現状を知るほど大丈夫か心配になってきます。

 

ミュージシャンも厳しい時代ですが、
声優を目指す卵さん達もがんばってほしいです!