こらむ

 

殺処分反対ソング、わたしはミックを聴いて

ソードミュージックの社長田中さんと、歌の先生、ピアノの先生達で、
犬や猫の殺処分を反対する曲、「わたしはミック」
を制作したのとことで観て見ました。

 

初音ミクの歌に合わせて、実際に保健所に連れて行かれたペット達がどうなるかを描いている動画でした。
下記URLです。
https://www.youtube.com/watch?v=Kr_XmxGCJsg

 

知らなかったのですが、かなり悲しい現実ですね。
観ていて涙が出てきてしまいました・・・。

 

若い人に特に観てほしかったらしく、歌は初音ミクで制作されているようです。
伴奏はシンプルにピアノ、ストリングスでした。
私はピアノ演奏が好きな曲で、知人のピアノ先生も気に入ってました。

 

毎日たくさんの犬や猫ちゃん達が炭酸ガスで殺され、ゴミのように焼却されています。

 

それを防ぐ方法があるにも関わらず、人間はできていない・・・。
身勝手な飼い主が多いのにも驚きました。

 

飼えなくなったからと保健所に連れて行る人が後を立たないらしく、
保健所がなんとかしてくれると思っているのでしょうか。

 

新しい飼い主が見つかる子は約2割ほどで、残りの8割は殺処分されてしまうそうです。
平成23年度では221000匹が連れてこられ、
174742匹が殺処分されてしまったとのことです。

 

防ぐ方法としては、
ペットショップで買わない、
去勢する、
最後まで責任を持って飼う
こうした現状を知る、知らせる
等があるそうです。

 

お金儲けの道具として使われている犬猫を買わない、これはみんなが最初にできる殺処分を防ぐ方法かもしれませんね。

 

一日も早く、犬や猫を殺処分しなくてもよくなる日が来ることを願っています。