こらむ

 

バレンタインデーについて

日本ではもう完全に、バレンタインデーは、女性が男性にチョコをあげる日となっていると思います。

 

義理でも本命でも、最近では友チョコという友達にあげるのもありますね。

 

そもそもバレンタインデーてなんの日だ?発祥はなんだ?と思い、ネットで調べてみました。
内容はこちら。

 

ローマの皇帝のクラウディウス2世が、愛する人がいる兵士は士気が下がってしまうからというので、
兵士達の婚姻を禁止。
キリスト教司祭のバレンタインは内緒で兵士を結婚させたが、それがばれて処刑された。
処刑の日は、ユノの祭日の2月14日になった。

 

 

なんとなくキリスト教の文化だとは思っていましたが、悲しい愛の話なんですね。

 

そして、海外では日本とは違った風習のようですね。

 

私がスペインに行った時、たまたまバレンタインデーだったのですが、
花束を持って歩いている男性を町でちらほら見かけ、ガイドさんが、
あの人はこれから大事な人に花束を渡しに行くんでしょうね。

 

と話していたのを覚えています。
なんだか羨ましい(笑)

 

海外でチョコに限らず何かしらを男性から贈ったりするんですね。

 

女性が男性にチョコをあげる日という日本と違い、
大切な人と愛を確かめ合う日という認識のようです。

 

ちなみに、ヒンズー教やイスラム教では、西洋の侵略と受け取り祝うのを禁止しているという話しもあるようです。

 

 

日本で女性が男性にチョコをあげるようになったのは1970年で、
大田区の製菓会社が考案したらしいです。

 

日本のバレンタインは、日本独特で他の国とは違うんですね。
ホワイトデーもそうなんでしょうね。

 

お菓子会社の陰謀です!(笑)

 

そのお菓子会社の陰謀でピアノ教室も先生達もバレンタインはチョコでいっぱいになります(笑)