こらむ

 

音源のリアルさ

DTMの作曲をしてて思うのですが、
同じくらいの値段のものでも楽器によって音のリアルさが違いますよね。

 

例えば、私が使用しているD-proという音源はピアノとかドラムは結構リアルで、違和感ないのですが、
ギターやバイオリンがかなり作り物ぽい感じがします。

 

ピアノのみの弾き語り曲は実際弾いてるような感じで聞かせられますが、
ギターのみの弾き語りのような曲はちゃっちすぎて厳しいです。

 

なのでどうしてもギターのみになってしまう場合は実際演奏して録音します。

 

サンプリングや音の周波数が関係していると思うのですが、
やはり単体で使うには音がしょぼ過ぎます。

 

そのため、たくさんの種類の楽器に混ぜて、音を編集して使う形ですね。

 

最近買ったELECTRIGITYというギター音源はかなりリアルで良いです。

 

もうちょっとしたら、ギターもバイオリンも、リアルで高級な楽器と変わらない音が出せる音源が出てしまうかもしれませんね。

 

そうしたら演奏者のお仕事が減ってしまい悲しいかもしれませんが・・・。

 

 

私みたいにDTM作曲している者としては嬉しいです。

 

ちなみにオーケストラでは、フィルハーモニーという音源を使用しています。

 

ティンパニーやシンバルの音は申し分ないです。
バイオリンも、ロングトーン以外のものはまあまあ。

 

ヒューマンボイスはちょっと使いどころが限られてしまいますね。

 

ホーン系は全体的にもう一歩という感じでしょうか。