こらむ

 

昔のアニソン、最近のアニソン

先日ピアノの先生数名とカラオケに行き、懐かしいアニソンを色々一緒に歌っていて思ったのですが、
昔のアニソンは短調の曲が多いですよね。

 

明るくなく、
ちょっと暗いイメージというか。

 

この時に歌われた曲だと、例えば
ベルサイユのバラ、小公女セーラ、銀河鉄道999、
巨人の星、ロミオの青い空、みなしごハッチ、

 

どれもオープニングなのに明るい曲ではないんですよね。

 

あと、思ったのが、昔のアニソンは、そのアニメのために作られているのがはっきり分かる曲がほとんどで、
アニメに登場する主人公の名前が出てきたり、
必殺技を叫んだり、そのアニメとのマッチ感がありますね。

 

 

最近のアニメはほとんどそれがないというか、
アーティストがアニメのイメージで制作はするのかもしれないけど、
個人のライブでそれを歌っても違和感がないように、アニメのキャラクター名、
アニメを特定するような歌詞の内容になっていない気がします。

 

私は、そのアニメの曲!とはっきり分かる主人公の名前や、アニメにまつわる単語を使用している方が好きですね。
大人の事情で最近はなかなか難しいかもしれませんが。

 

あ、最近のアニメでは珍しく、ジョジョの奇妙な冒険のオープニングは、
ジョジョの名前を叫んだり、アニメに出てくる波紋という技の名前を出したりで、
懐かしいアニソンの風潮を取り戻してる曲になっていたと思います。

 

こういう曲が増えてほしいですね。

 

同人ですが、私もたまにアニソンを制作依頼を受けるのですが、
アニメの内容や、キャラクター名すら教えていただけず作らなければならないことが多いのです。

 

ちゃんと世界観を把握していたほうが、本当はよりそのアニメにマッチした曲を作れるので良いと思うんですけどね。

 

 

それでも最近のアニメでも名曲は多いので、カラオケでは歌っちゃいますよ!