こらむ

 

絶対音感を身につけられなくて

5才までにピアノやギターを習わないと、絶対音感て身に付かないみたいですね。

 

私は2才の時にピアノレッスンに行かされたのですが、
まだ会話がちゃんとできないということで、レッスンを終了させられました。

 

当然、習うことも辞めることも私の意志ではありません。
今思えば、そこで両親、または先生ががんばってレッスンを続けさせていれば、
絶対音感を身に付けることができていたのではないかと思います。

 

そう考えるとちょっと悔しいですね。

 

 

親から、将来世界を広げるチャンスをもらえている子供は幸せだと思います。
「今は必要ないかもしれないけど、いつかこの子の役に立つかもしれない」
と考えて与えられるかどうか。

 

ソードミュージックのピアノ教室、ギター教室、
ボーカル教室に子供を連れてこられる親御様は結構いらっしゃいますが、
小学校に上がっていても、「まだ家の子には早い」と言ってレッスンをしないことを選んでしまう方がいらっしゃいます。

 

子供が嫌々連れてこられているならそれで構いませんが、
もし、習いたい!という希望の元に来ているのであれば、将来の子供のチャンスを奪ってしまうことになるかもしれません。

 

子供は大人になった時に、あの時に習わせてくれていれば、今ごろこんな思いはせずに済むのに・・・
と考えてしまうこともあるかもしれません。(今の私です)

 

絶対音感は必ず必要な技術ではありませんが、
5歳を過ぎると一生身につけたくても身に付かない技術です。

 

一生です。

 

後悔がないような選択を、小さい時は子供ではなく親がすべきではないかなと思います。